最近のトラックバック

リフォーム

日曜大工でフローリング

昭和のマンションは和室が2室の場合が多く、畳は呼吸しますので調湿効果があり良い内装素材なのですが、今は衛生面や、維持労力、見栄えからあまり好まれてはいません。

Sp1000363

そこで、なんちゃって洋室を作ることにしました。

畳をフローリングに、壁クロスを洋風に、天井ボードをクロス貼りに。

襖はガラをクロス系等にするしかありません。

Sp1000362

とりあえず畳を撤去。

畳厚と同じ厚みで、畳代わりの断熱材と床下地。

問題は畳の下の土間がフラットでない事。

完璧なフラットにはできませんが、敷居やサッシ枠の許容範囲内でフラットを目指します。

建材やさんが耳元でささやきます。

フローリング材が大量仕入れで、特値販売中・・・

但し、直貼り用。

Sp1000393

直貼り用の施工方法をメーカーからダウンロード。

機械工具を購入!

1階なので防音である必要性は低いのですが・・・。

知り合いに、床貼りする?と聞いたところ、1人目スルー、2人目は問題点が・・・と否定的。

結果、日曜大工決定!

近くにホームセンター(コーナンPRO)があるので、早朝に1現場

Simg_0678

近くで汎用品なら早朝仕入れが出来るので、9時までに1現場終わらせることが出来、助かります。

ただし、冬は夜が明けきっていない為、暗くなりますが、今の時期は気温もちょうどよく、今だけそう思うのだと思いますが。

既成品がぴったり

Sp1060438

白色塗装の枠材を改装時に撤去せねばならず、その後をどう補修しようかと困りましたが、化粧幅木がその長さ、幅、厚みがすべてビンゴでした。

切欠きなど必要ですが、これだけぴったりはまってくれたら、とても気持ちがいい!

仮枠

Sp1060107

現場に行ったついでに、建具を直すことになりました。

事務的な処理だけで帰るのがもったいないと、貧乏性なので、戸車を交換。

しかし、私の金槌は型枠工事用の柄が450mmのもの。

現在、型枠工事をするわけではありませんが、28年前にただひたすら振り下ろしていた金槌がその後も当たり前になっていたので、何を始める気だ!と言われそうな大きな金槌でちまちま直していました。

最初に使った道具や用語は、その後、しみついて離れません。

浴室室内補修材

Img_0181

ユニットバスの壁に穴が開いた場合の修復は現在フクビのバスパネルが多いですが、汚損だけの場合は未だ決めかねています。耐久年数が長くないと聞く方法が多いからです。

現在、3Mのネオックスフィルム(写真はNEO-R410)をあちこちの水周りに貼って、耐久テストをしています。

穴の修復もパテ埋めで仕上げせられれば、シート貼り補修の方が楽ですから。

雨対策 後付庇

S2015070816130000

玄関付近の雨の侵入が発生します。大雨により、側溝などが氾濫し、また、直接の雨も一時に降り出すため。

あまりで幅の多いものは、車両がひっかける恐れがあるので、適当な後付庇を取り付けました。思ったより商品代金が高く、へこみましたが、効果はありました。

やはり、要るものは要るのですね。

36角

Sdsc_0083


台所での水栓位置変更に伴う、タイルの補修が必要となりました。

貸主様からは、何か絵の描いたものをそこだけに貼りこむようとの、希望をお聞きしました。

しかしタイルは、以前まで一般的に利用されていた108㎜×108㎜の36角といわれる規格のもの。市販されているものは、単色のものばかりです。柄入りなどメーカーカタログや、ホームセンターでは販売されていません。

ようやく、10年以上前の在庫のシートをタイルにプリントしてもらえる工房が見つかりました。

本来なら、帯状に柄タイルを配置するなどするところでしょうが、今回は水栓跡部分のみに使用。嗚呼、センスへの非難が集まりそう!?

この手のオーダーはもう勘弁!!

ユニットバス改修方法の模索

Sp1000834

お風呂の壁が、その継ぎ目部分より腐食が始まり、穴が開いてしまいました。

全て撤去し、新しいUBを作るには、工期も予算もないため、応急処置としてパネルを張ることにしました。

現在のところ、フクビのアルパレージを試してみています。

更に予算の問題から、患部のみの応急となりました。


Sp1030320

本当は、こんな感じに4面全面を仕上げたいのですが、望まれた通り行うしかありません。専用接着剤が単品で購入できないのが難点です。

もっとお手軽な方法は無いでしょうか・・・。

壁を乗り越えるか、ぶち破るか、回避するか・・・。

081


内装工事で、どうしても理解しがたい仕上げに、原因の追究に血道をあげています。

多分、小手先でごまかして終わらせることも出来るのでしょうが、どんな壁でも、乗り越えなければ、いずれ同じ壁にぶつかることは経験済み。

多分、周りにすればうっとうしいことこの上ないのでしょうが、今更賢くなれるわけでもなく、ちまちま調査し、そのうち頭に血が上り、一人現場で暴れることになるのがパターンです。

めんどくさがっていましたが、ちゃんと防備するようになりました。

Sp1000456

面倒な防塵、防汚対策は、加齢とともにちゃんとするようになりました。

大人になりました。

より以前の記事一覧