最近のトラックバック

経営者

加齢とともに回復力低下

6414408

先日40センチの幅の中で落下物のストレスにさらされながらの状態が続いたことが、過去の何かの記憶に触れたのか、スイッチが入ってしまいました。

3日目でようやく白米を少し食べられるまでにはなりましたが、その後も引きずり、おかげさまで不健全なダイエット進行中です。

12574493

ネットでPTSD等ググりましたが、原因を考えてもどれが該当するか、わかりません。あの死にかけた事か、はたまた、あの高いところから落とされそうになったことか、いや、幼児体験か、いや別の死なずに済んだあの件か?etc

おかげで、高いところ、狭いところ、暗いところ等ダメなことが増えています。

それでも短期間でメンタル回復出来ていたはずなのですが、加齢は体力だけでなく、メンタル回復力も衰えるのでしょうか?

今HPありません・・・明日の台風、被害がない事を祈るばかりです。

12250211


てんぱっています

1186880

人を統べるのは7人ぐらいが限界だろうという話をどこかで読んだ気がします。

断捨離で机の上をきれいにしよう!というのも、沢山の事案を抱えすぎると、仕事の総量が計れなくなり、仕事の効率を悪くし、キャパシティーを超えてしまうからだとも聞きます。

8327746

かといって、相手があるものは、自分の思うように進まないもの。イレギュラー多発するとパニック!

というわけで、車はゴミ屋敷ならぬゴミ運搬車となり、机の端には山脈が出来ています。

16595480

さっさと登頂し、ご来光を拝みたく思います。



ブログとフェイスブック

10837926

ココログからフェイスブックへのクロスポストが終了し、ブログをココログから変えようかとも思いましたが、もう、新しい環境になじもうとする順応性も無いので、このまま継続することにしました。

ついでにスタンスも変えられないので、ココログの記事更新をフェイスブックに反映させるのはそのままです。

2

べたに、ブログのアドレスをコピーして

Photo

フェイスブックに貼り付けるだけ。

大雑把な方法ですが、簡単なのでこれで代替することにしました。

カレンダー

Simg_1082

毎年12月まで会社は存続するぞ!と、カレンダーを作っているので、自社のカレンダーはもちろん事務所内に貼っています。

書き込み用には、協会のカレンダーが定番です。

Simg_1083

で、いつもはりそな銀行さんのカレンダーを貼ってあるのですが、今年はもらえなかったことと、熊澤先生の事務所にお伺いした際、鎌倉さん(オールケアライフ)からもらったカレンダーが鎮座することになりました。

Simg_1084

めくり忘れの無い様、気を付けます。


積読 プレジデント 出来る女、ヤバイ女

11420168

積読 PRESIDENT できる女、やばい女

「ヤバイ女」のような記事はまま見かけますが、「できる女」については、その定義も、趣旨もよく判らなかったので購入しましたが、特集雑誌だったので、最初から最後までこのテーマでした。

で、やはり、ワイドショーを騒がした女性代議士から記事スタート。これが前提の内容かと落胆。このはげー、一線超えてません、自衛隊も、無効票。

また、発売が、解散後選挙前なので、自民党VS希望の党に関する偏向記事は結論から見ても失笑もの。

でも、得心が言った内容が一つだけありました。「夫の無関心が攻撃的な妻を生む」です。旦那に適度なお小遣いを与えなければ出世しないと併せて考えると、結局互いに影響を与え合っているんだなーと思います。

930650

積読 法務部員の為の契約実務共有化マニュアル

13319358

積読 法務部員の為の契約実務共有化マニュアル  著 河村寛治・宮田正樹・河西潔

契約書が電子化されていくことに不安を感じますが、今年だけでも紙の不思議な契約書面に何度も遭遇していますので、混乱は必須のような気がします。

法務局の簿冊も電子化されましたが、まだ、役所が証明する書面の範疇なので、弊害は簿冊を手に取って見れない為、登記とは?が体感しにくいことぐらいでしたが、民間が締結する契約書の場合、まず、現状の法知識の方を追いつかせる方が大事だと思うのですが。

そういえば今年、契約書なんか読んでないと明言する強者のお客様もいらっしゃいました。

本誌はどちらかというと入門解説編みたいなものでしたが、契約書を読まない人には意味の無い本ですね。

19549785

積読 まるわかり民法大改正&個人情報保護法

Dx13449

積読 週刊東洋経済 20179/2 まるわかり民法大改正&個人情報保護法 東洋経済新報社

 総論賛成、各論反対、の気分です。

 本当に「大」改正だなと思います。これを機に、打って出る!とはならず、きっと防戦一方になります。

 企業側としても辛いですが、一消費者としての法の遵守も大変だと思います。

 「権利の上に眠る者は法は保護せず」

 和を尊ぶべし、ではありますが、自己の権利は和を破っても主張せざる得ない場面は多々あり、苦悩するところです。それ以前に、権利を行使することを放棄しておいて、後から不平を言っても仕方がありません。

 どうやって社会活動を営んでいくか、法のことだけでなく、自分自身の心の判断の基準を確かにしておかなければ、道を踏み外してしまいます。

17910302

「法の不知はこれを許さず」

 先日、個人情報の取り扱いについて、他の不動産業者と意見が対立しました。

 法では認められていないことを、可能だと主張し、それを受け入れない大手企業や、それを甘んじて(?)受け入れている者(私)は間違っているとのこと。

 今の法改正が消費者保護に手厚くなっている中、消費者の保護との優先順位を比べるがゆえに、できなくなることが多々あり、その不便を甘受しなければならないという前提はお構いなしで、自分にとって有利か不利かで正否を語られても、同意はできません。

 自分のことでも精いっぱいなのに、他人にコンプライアンスとは、と、説明できる語意力もないので、その場では議論もせずスルーしましたが、これからもそんな場面に出会う事が増えそうな予感。

 

積読 これならできる 経営幹部のTQC

2473828

積読 これならできる 経営幹部のTQC 著 矢部廣重 の2冊

昨日の「狙ったお客の80%は落とせる」に比べるとやや重い文章ではありますが、この中にも取り上げられている「人間変革のための人物研究」の内容の講義を矢部先生から聞いたのがきっかけで、「上杉鷹山」(ただし、小説 上杉鷹山 著 童門冬二の描く鷹山公のイメージ)を自分なりに深堀することとなりました。

この手法を明確に意識したことは大きな財産だと思います。実際に友人にTQCのことを説明したのですが、私としてはこの方法こそ最良のものと思うのは、演劇を経験したからでしょうか?

鷹山公の師である細井平洲先生は古学、朱子学、陽明学の先生でしたが、実践を重んじる方だったようなので、陽明学の印象が強い方です。

恩師である熊沢次郎先生の教えが根底にあるので、「上杉鷹山」に傾倒したのでしょうか?

積読 狙ったお客の80%は落とせる

12970795

積読 狙ったお客の80%は落とせる 著 矢部廣重

 

友人から「営業の仕方」についての話があり、矢部先生の講義を思い出し説明しました。

説明がどこまで伝わっているかわからないので、講義で受けた内容の載っている書籍を買い求め読みました。

懐かしい!でも、本から受けるイメージと、講義の内容とでは差が大きいですね。

また、私の場合は、「売り上げ増」に繋がった、という成果はありませんでしたが。

なにせ、30%の変革を1%の改善で追いつこうとしていたのですから。

LMPの時もそうでしたが、書き出すという大切さは今でも痛感します。

頭の中で考えている、ワープロで書く、言葉に発する、とは違う深い思考と、無い知恵を絞りだすのには「書く」大切さを今実践しているからこそ生き残れているのだと思います。

13615203

積読 自営業の老後

S20584352

積読 自営業者の老後 上田惣子 著

 漫画です。しかも何も老後の手当てをしていない作者の行動が前提。

 会社として社会保険などはちゃんと対応しなければならないので、とりあえずは無年金ではありませんが、今のところ本書のように行動できる余裕もなく、未だ、自分が無くなったときの対応のみに照準は向いたままです。

 老後、病気は無対応です。

 資金、メンタルはとりあえず横へ置き、体力の回復を目指そうとは思っています。筋力が落ちるとしんどいです。

8582062

より以前の記事一覧