最近のトラックバック

収益物件運営

床材の腐朽

P1000289

洗面所の床の1か所が、何となく沈みます。抜けはしないのですが、板が柔らかくなってたわむ感触です。

リフォーム終わっていたのですが、CFをめくってみたところ、合板が柔らかくなっていました。

開口してみたところ、そこだけ給湯管(銅管)の保温帯が無く、露出していました。

恐らく微妙な結露が起こっていたものと想像されます。しかも暖かい。

約30年かけて腐ったのでしょうか?

長い進行期間を要した瑕疵です。

P1000309

原因が分かれば、保温帯巻いて、床板復旧すればOK

恐らく問題があったとしても、今度も30年後でしょうか?

カラス対策 ➅

P1000201

ゴミ庫は出来ましたが、使用開始は「燃えるゴミ」ステッカー待ちでした。

燃えるゴミの日前日、ようやく届いたので早速貼付け。

無事、入居者のゴミは新ゴミ庫内に収まっていました。

ゴミ収集の方には、当日現場で説明するべく待機。

つくったんですか(笑)?     よろしくお願いします。 で、完了。

そのうち時間が出来たら、シール打ちなど仕上げをしようかと考えています。

これでカラスの来襲が無くなるはず。

 

カラス対策 ➄

P1000192

床は洗えるようにタイル貼り。しかも凸凹になってしまいました。

しょせん3現場の残りのタイルの混合なので、色、大きさも違うので気にしない。

P1000194

臭気が漏れないようにコーナーは変成で塞ぎます。

変成が固まってもいないのに、防水材ドーン。これも他現場からの防水材。

P1000196 P1000197_20190727161901

内部照明は、後ろの駐輪場からの送り電源の為、明暗センサー連動です。

最後は完全に、やっつけ仕事。体力が持ちませんでした。

 

カラス対策 ➃

P1000177

残ってしまった軽天間仕切り柱を壁に使う事にしました。

思いのほか予算がかかっているので、壁は一番安い鋼板で貼り合わせます。

P1000181

当初、想定していたものと、作られていくものが変わってきているのは、ご愛敬。

誰もが最初からこんな風に作るはずだったと、思ってくれると思いたい。

カラス対策 ➂

Img_1959

鉄扉が無くなった開口部に、ネットショップで購入したサッシを貼り付けました。


 

一番高価なものはサッシでしたが、その貼付けの為の鋼材も1万円越えとなってしまい、思わぬ散財となってしまいました。

最初は安価な軽天間仕切柱で枠を組む予定でしたが、サッシが届いてみたら想定していた納まりと違ったため、高いアルミ鋼材を買い足しました。

この扉があれば、カラスも入ってこれません。

ちなみにサッシは右側(閉まる方向)に傾けています。

P1000175

 

カラス対策 ➁

Img_2179

鉄扉を撤去し、ゴミを積み上げたら入るであろう空間を決め、ブロックで囲いました。

排水勾配が逆向きなので、ブロックに囲われた部分を底上げして、手前に流れる様にしなければ洗うことも出来ません。

Img_2176

何にも考えずに大雑把に積んでいくので、2段が限界です。三方向にガタガタなのがごまかせなくなります。

仕事の合間に少しづつ進めていると、ギャラリーが増えてきます。そしてなぜか、いない間に不用品を置いていきます。

それも市の収集が持って帰ってくれない、ややこしいものを。

なぜ、ここに捨てればいいと思ったのか?理由が思いつきません。

次のカラスの来襲までには完成したいのですが。

カラス対策 ①

Dx24921

いなくなったと思ったら、再び数十羽が大挙して飛来します。

以前はこんなこともなく、また、分別回収などもややこしくなく、道路際にゴミを置いていればよい時代の建物は、ゴミ置き場に困ります。

他の物件では、ゴミ置き場に扉や、蓋つきゴミ入れを設置するなどしてきましたが、今回はそのスペースがありません。

カラスは賢いので、無駄だと分かれば近寄らなくなります。

何とかして、その建物に合った対策を考えなければなりません。

今回はこのパターン。

Photo_20190727152801

現在はゴミ庫が小さく、ゴミ庫前に積み上げるようになり、黄色いネットをかぶせるようしていますが、ネットをかいくぐっ荒らされます。

ゴミ置き場の横に、今は使わなくなった鉄扉(勝手口)があります。

これを利用しない手はありません。

はりぼて壁

地震でヒビの入った壁タイルをめくると、次から次へとめくれ、ついでに下地もめくれ、空洞だったことが分かりました。

雨水が下階へ浸透しやすい理由が分かりました。

下地を再度造る技量は無いので、kモルタル(8ℓ)を団子にして下地を作りました。

Sp1000024

本当はもっと残りの部分も斫って平にしたかったのですが、これ以上の補修規模拡大を避けるため、不陸には目をつぶって、タイル貼り。

Sp1000044 

いい感じじゃない!と喜んだものの。

 Sp1000051

ガタガタの仕上がり。

2万円程度での補修だと、これが限界です。

マンションのブレーカー

Dx28821

共同住宅では、各戸と設備と、その全体にそれぞれブレーカーがあります。

ブレーカーは古くなると、規格以下の電気を使用しただけでも切れやすくなるようです。

古くなったマンションでは、可能な範囲内で、順次各戸のブレーカーを交換しています。

猛暑などでエアコンがフル回転するなどの時に、今まで使えていたはずの電気使用量でもブレーカースイッチが切れてしまうととても厄介です。

もっとやっかいなのが、これら各戸の電気の大本にある建物全体のブレーカーです。

Dx28822

これが切れると、全戸が一斉に停電となります。

雷などの電圧の変化に影響されることもありますので、悪条件が重なると大変です。

Dx28832

私自身も大雨と雷の中、右往左往したことがあります。

備えあれば憂いなし。

余裕があるときに、早めの交換をお勧めします。

アンテナコンセント

Sp1000545

古いマンションでは未だにアンテナ線を剥いてネジ止めする仕様になっています。J-com等を導入すると交換してくれる場合もありますが、それでもまだまだ残っています。

アナログ放送がデジタル放送になり、ネットTVも普及した時代に、使えるとはいえ、レトロ感は否めません。

入居者様の中には、Wi-fiやBluetooth感覚なのか、室内にテレビを置いただけで、アンテナ配線を繋がないでTVが映らないとクレームを入れてくる場合もあります。なので、せめてジャックは「差すだけ」のものに変えておく方がいいですよね。

Sp1000547

より以前の記事一覧