最近のトラックバック

収益物件運営

はりぼて壁

地震でヒビの入った壁タイルをめくると、次から次へとめくれ、ついでに下地もめくれ、空洞だったことが分かりました。

雨水が下階へ浸透しやすい理由が分かりました。

下地を再度造る技量は無いので、kモルタル(8ℓ)を団子にして下地を作りました。

Sp1000024

本当はもっと残りの部分も斫って平にしたかったのですが、これ以上の補修規模拡大を避けるため、不陸には目をつぶって、タイル貼り。

Sp1000044 

いい感じじゃない!と喜んだものの。

 Sp1000051

ガタガタの仕上がり。

2万円程度での補修だと、これが限界です。

マンションのブレーカー

Dx28821

共同住宅では、各戸と設備と、その全体にそれぞれブレーカーがあります。

ブレーカーは古くなると、規格以下の電気を使用しただけでも切れやすくなるようです。

古くなったマンションでは、可能な範囲内で、順次各戸のブレーカーを交換しています。

猛暑などでエアコンがフル回転するなどの時に、今まで使えていたはずの電気使用量でもブレーカースイッチが切れてしまうととても厄介です。

もっとやっかいなのが、これら各戸の電気の大本にある建物全体のブレーカーです。

Dx28822

これが切れると、全戸が一斉に停電となります。

雷などの電圧の変化に影響されることもありますので、悪条件が重なると大変です。

Dx28832

私自身も大雨と雷の中、右往左往したことがあります。

備えあれば憂いなし。

余裕があるときに、早めの交換をお勧めします。

アンテナコンセント

Sp1000545

古いマンションでは未だにアンテナ線を剥いてネジ止めする仕様になっています。J-com等を導入すると交換してくれる場合もありますが、それでもまだまだ残っています。

アナログ放送がデジタル放送になり、ネットTVも普及した時代に、使えるとはいえ、レトロ感は否めません。

入居者様の中には、Wi-fiやBluetooth感覚なのか、室内にテレビを置いただけで、アンテナ配線を繋がないでTVが映らないとクレームを入れてくる場合もあります。なので、せめてジャックは「差すだけ」のものに変えておく方がいいですよね。

Sp1000547

屋根改修

Sp1000544

恐らく深緑か紺色であった屋根ですが、台風対策で少しづつ保護材で塗り固めていましたが、ようやく全面か黒色になりました。

劣化で表面があれていたため、通常の作業よりも材料と時間を費やしましたが、これで台風対策は完了です。

キモは①材料選定と➁局部のシール材充填でしょうか。

消火器のピン

Simg_1974_2  

消火器のピンが抜かれてしまうと、レバーが動くので噴射しかねません。

置いておいた消火器のピンだけ抜けることは考えられないので、いたずらと思われます。

いろんな安全設備に置いて言えることですが、なぜ、自分たちの安全を自ら壊そうとするのかが不思議です。

Simg_1975

ピンは単独で販売はしていますが、処分する消火器のピンを取り置きしておくのもよいかもしれません。

初めてのトイレ

Dx28875

今回、板井設備指導の下、初めてトイレを据え付けました。

もともとは、新旧の説明が分からないから据付を見てみたいと言っただけなのですが・・・。

Simg_1973

リモデルタイプです。

勿論、名誉の負傷もありました。

新しいタンクの中が以前のものとすさまじく変わっていました。

修理も大変になりそうです。

不動産投資

8355751

積読 不動産会社が書けない「有名大家」の裏話  著 小島 拓

不動産投資に関して、投資を進めるトーク内容には、矛盾点がいっぱいありますが、投資家からはスルーされています。

本書は特に投資への入口が「有名大家」に特化した内容です。投資とはリスクを伴うもの。そのリスクコントロールが出来ないのであれば、入口がどこであろうとも、投資ではなく博打になります。

博打に確実性を求めても難しいのではないかと思い、お引止めするのですが、自ら成功を前提に話をされる方には徒労に終わります。

なので、本書の様な書籍を勧めるのが一番楽かなと思う今日この頃です。

続 埃まみれ

16058654

埃が原因で、換気扇交換、床張り替え等先日したばかりでしたが・・・

Sp1000534

 

洗面所の床だけでなく、紆余曲折あり、床一部張り替えることとなり、便器も交換する大事になってしまいました。

日常の掃除が不足だったのでしょうか?

恐らく数年の埃の蓄積の要因は大きいです。

かといって、善管注意義務で責任を問えるとは思えない残念な結果です。

屋根の上のダルメシアン

Dx23994 昨年から合間に補修をしてきた屋根が、ようやく後1缶塗れば終わるところまで来ました。

作業服からしみ込んで体についた黒いぶちで、ダルメシアン状態になっています。

でもそのおかげで、劣化抑止、台風対策、雨漏り防止と効果が出ています。

やはり適材適所な補修は大事ですね。

Sp1000527

埃まみれ

16058644

洗面所の床鳴りの原因

総合的には室内の汚さから生じたものでした。

Sp1000514

洗濯パンのヒビから床に水が浸透し床の合板や下地材が変形して、その隙間が床鳴りとなっていました。

洗濯パンは洗濯機から排水溝にパイプを繋いでいるために、水がたまる事はあまりないのですが、わたゴミや、埃が排水溝の排水量を少なくし、洗濯パンにあふれていたようです。

また、換気扇も埃が堆積し、十分換気が出来ておらず、湿度が高いま維持されたことも要因と推定されます。

排気ダクト内にも埃が固まって堆積していました。

もちろん室内にはカビも。

当然入居者様は、自分基準では「普通」に生活しているつもりです。

家主も、入居者自身にとっても、良い状態とは思えないのですが。

 

より以前の記事一覧