最近のトラックバック

« 欄間(簡易) | トップページ | ガソリン »

熱帯魚水槽維持混迷 基本に戻ります。

Simg_0765

2階事務所の玄関先に水槽を置いていました。

水交換にはバケツか50mのホースを駆使するしかありませんでした。

当然、水交換は難しく、濾過やバクテリア強化に走るのですが、そうなると底を這うような水草の育成はできません。藻だらけになり全滅します。

年齢を考えると、この水槽を1人で運ぶにはそろそろ限界だと思い、1階へ移動することにしました。

Simg_0766

1階なので給排水は10m以内で完結します。

今まではバケツに水を入れ、カルキ抜き等を入れてかくはんしてから投入していましたが、水質改善の為、藻対策の為、ペットショップに通っているといろいろと疑問がわいてきます。

これだけの水槽の水をどうやって交換しているのだろう?

水質の維持は?

熱帯魚などの生体は売り物だから、餌代は押さえなければ利益が下がるはず。

エサは極限まで減らしているのでは?と思い、かわいがりたいがために与えていた餌をケチることにしました。極端に言えば、餌を半分にすれば、水質汚濁も半分になるのでは?との単純計算。

ある日ショップで水槽に水を入れていました。水圧から水道水では?と思うに至り、我が家の水槽も水道水をホースで直接投入し、水槽内でカルキ抜き等を投与することにしました。

13303137


生体にはストレスがあるかもしれませんが、今のところショック死は無し。

ミナミヌマエビは一時の絶滅の危機から逆に立ち直って、出産ラッシュです。

昨日からCO2の投与も再開。

水替え、餌量、直射日光制限と基本事項は全て抑えたはずです。

結果はいかがなりますでしょうか?

« 欄間(簡易) | トップページ | ガソリン »

ペット」カテゴリの記事

事務所で・・・」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/65512993

この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯魚水槽維持混迷 基本に戻ります。:

« 欄間(簡易) | トップページ | ガソリン »