最近のトラックバック

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

日曜大工でフローリング 10

Sp1050244

ちなみに、フローリングの上に重ねて貼る、リフォーム用のフローリング材は、接着剤を使用する場面が少ないことと、欠き込み施工が合板より簡易です。

薄いので、廃材も少なく、表面の耐久性も高いので、コスパは高いです。

主に使用する工具はカッターと差し金ぐらいです。

接着剤部分の撤去は難しいでしょうが、平面部分のほとんどは両面テープの為、はがしての再施工は比較的楽だと想像します。

ただし、メーカーが色合いを変更するので、部分補修用に材料を仕入れることは難しいので、広い面積を施工して、同一色で統一するのなら、部材のストックも良いのかもしれませんが、経年劣化による変色を考えると、全面再施工が効果があると思います。

日曜大工でフローリング 9

フローリング材を貼り終えましたが、そこは日曜大工、最後はてんぱって、切り欠きのサイズ゜を次々と失敗し、残るはずだった部材をすべて使い尽くし、最後の1枚まで使ってようやくの完成と相成りました。

Simg_0772

撤去した部材、フローリング材などの切れ端等、結構な量になりました。

もう、しばらくはフローリング材を見たくはありません。

ケーキの切れ端はおいしいですが、フローリングの切れ端は食べられませんし。

10870642

撤去費、材料費、工具損料、施工費、処分費、運搬費・・・。これだけ投資して、投資に見合った分の回収は至難の業。

費用対効果(コスパ)は施工前に熟考しなければ投資した分だけ無駄になります。

日曜大工でフローリング 8

Sp1000445

下地が合板に糊とくぎによる固定と違った難しさが、土間直貼りにはありました。

こちらもやはり、傷んだ際の貼り直しは大変だと思います。

特に、流し台前の部分は水濡れなどで傷みやすいと思われます。

Sp1000580

問題となったハッチ部分はそのままで、周りをフローリングで敷き込みますが、下地が完全なフラットでない為、敷き込みの難易度は高くなります。

Sp1000588

玄関まで貼り伸ばし、一応の完成を見ました。

日曜大工でフローリング 7

Simg_0729_2

センター決めが迷うところです。部屋の壁の凸凹が多すぎて、どこに合わせても苦労しそうです。

出来るだけ楽をしたいのですが、できれば歩掛も減らしたいのですが、並べても、ずらしても、寝転がって考えても、いい案は浮かびません。

廊下、DK扉枠の欠きこみが楽になるよう配列することにしました。

相変わらず、CF糊残材がチクチク、イライラします。

キッチン前のCF貼りの下地合板は除去しました。キッチンの際で切り込みを入れて撤去です。将来キッチンり入替の際に、床の取り合いで困りそうな予感がしますが。

栄養ドリンク

Sp1000969

ヒーコラ言いながらゴミを捨てようとしたら、バッカン内に大量のドリンク剤の空き瓶が・・・。

お疲れ様です。

日曜大工でフローリング 6

古臭くなってくる以前の仕様を改善しようと、フローリング貼りを進めます。

Sp1000398

和室と違い、畳をどけるのではなく、既存CFを捲ります。

未だよく判らないのですが、CFの糊が一緒にはがれるので、その粉が手足にまとわりつくのか、とりあえず、チクチクかゆいのです。

毎回作業服を大量の水で、2回洗います。

汗をかくので、体に付着しやすいのか、どんどんかゆくなります。

これは私だけなのか、めくり処理の仕方が悪いのか、内装業者に聞こうと思いながら、聞きそびれています。

ただ、掃除機で、糊の破片が残らないよう、念入りに吸引しました。

チクチク、イライラ、この段階でくじけそうになりました。

日曜大工でフローリング 5

さて、和室→洋室風の隣接のDKです。

元をただせば、この室のフローリング化に問題ありとして、自分でフローリングを貼ることになった発端の室です。

Sp1000368

特徴は、その件の地下室ハッチがある事。

もともとカーペットと、キッチン前のCFだったものを、すべてCFに変更したために、下地のFL(フロアライン・高さ)が違い段差があります。

Sp1000376_4

DKから玄関への廊下は、間仕切り扉の下枠による縁切りが無いため、DK床の仕様を変えるときは、廊下も一蓮托生です。

和室にフローリングを貼るときに、ここのフローリングも同時に購入したので後には引けなくなっています。

前に進むしかありません。




日曜大工でフローリング 4

Simg_0701

ちなみに、窓周りですが、和室だったのでもともとの仕上げは木そのままでしたが、洋風に変えるにあたり塗装することに。

サンドペーパー(電動)で、既存の表面の汚れと、凸凹を研磨しました。

Sp1000701

床より濃い茶系のペンキを刷毛とローラーで塗ってみました。

ペンキ塗りは業者にお願い予定でしたが、行き違いから、自分で塗ることに。

濃い茶系なのでムラも目立たないので、結果オーライでした。

これでフローリングとバランスが取れると思うのですが。

日曜大工でフローリング 3

Sp1000407

貼りながら、これだけ糊を付けて貼っていたら、張り替えは簡単じゃないなーと、後戻りできないことを自覚。

Sp1000408

やっぱり端になると予定していたおさまりにならないことが判明。


Sp1000411

和室→洋室風なので、ソフト巾木で四辺を隠す事が出来ないのですが、もともと、壁際は少し開けて施工し、シール剤充填なので、いろいろな意味で洋風にした和室でしかない事を再確認。

当たり前ですが、張りなおし難いので、きれいに使ってくれたらなぁと思います。


日曜大工でフローリング 2

畳の厚み-フローリングの厚み-床下地合板の厚み>床下断熱材の厚み

で、下地を作りました。

Sp1000405


土間に糊付けもしていますので、もう後には引けなくなってしまいました。

Sp1000406

事前にカットして敷き込むことと、施工手順では書いてありますが、糊を付けずにさねをはめ込むのも一苦労なのに、糊を付けて、ピタッと合わせる自信はありません。きっと最後のピースがはまらなくなるはず。

さてどこを基準としてスタートすべきでしょうか?

一番目立つのは隣室との境の襖側なので、こちらに合わせるしかないですよね。

計算では数センチのピースを最後にはめることになるはずなのですが。

不安です。

作業は、他の仕事の合間なので、ちょっとずつしか進みません。

フローリングの色はやはり茶系が無難ですよね?

不安がいっぱいです。

日曜大工でフローリング

昭和のマンションは和室が2室の場合が多く、畳は呼吸しますので調湿効果があり良い内装素材なのですが、今は衛生面や、維持労力、見栄えからあまり好まれてはいません。

Sp1000363

そこで、なんちゃって洋室を作ることにしました。

畳をフローリングに、壁クロスを洋風に、天井ボードをクロス貼りに。

襖はガラをクロス系等にするしかありません。

Sp1000362

とりあえず畳を撤去。

畳厚と同じ厚みで、畳代わりの断熱材と床下地。

問題は畳の下の土間がフラットでない事。

完璧なフラットにはできませんが、敷居やサッシ枠の許容範囲内でフラットを目指します。

建材やさんが耳元でささやきます。

フローリング材が大量仕入れで、特値販売中・・・

但し、直貼り用。

Sp1000393

直貼り用の施工方法をメーカーからダウンロード。

機械工具を購入!

1階なので防音である必要性は低いのですが・・・。

知り合いに、床貼りする?と聞いたところ、1人目スルー、2人目は問題点が・・・と否定的。

結果、日曜大工決定!

悪いことは続くようです

10813142

メールで数日悪銭苦闘中、警報音が!

今度は無停電装置のバッテリーに充電能力が無くなり、停電・・・。

パソコンダウン、電話不通、社内ネットワーク不通。

327994

とりあえず、電源直結で復旧。突然の雷などが来ないことを祈りつつ、懸案のメールソフトも探さねばなりません。

メールデータ消去の愚行

12524996

OutlookとGmailの入門本を読んで、ネット検索しても改善されない為、Gmailに蓄積されている過去データを一斉消去・・・のつもりが、すべてのデータが消去となってしまいました。

行き詰まると、平気で自殺行為に突入してしまう、悪い性分です。

一応、テキストのバックアップは取っていたので、ちまちま、一文づつ読み、整理する羽目になりました。

これを機にメールの送受信の方法を変える方がよさそうです。

18042675


積読 Outlook

17538738

積読 かんたん Outlook 完全ガイドブック

Gmail本で解決できなかったので、Outlookに活路を見出そうと読んでは見ましたが、活路は見出せませんでした。

窓口をたらい回しにされているような気分です。

19313447

大事になる前に、解決したいですが、やはり得意の、アナログで1個ずつ問題点かどうか当たっていくしかないようです。

積読 Gmail

4699883
積読 初めてのGmail入門

ずっと使い続けていますが、どうしても使い難く、設定で改善できるのでは?と思いつつ、ググってもヒットしません。

あきらめて書籍を買おうと思いましたが、古いものを買っても意味がないので親書で購入。

2189628

目次に該当なし、本文に該当なし、索引に該当なし、困ったときは・・・該当なし。

加齢によるIT無気力を返上し、努力しましたが、討ち死にとなりました。

ガソリン

Simg_0768

車には、残りのガソリンであと何キロ走行できるかの表示があります。

この日は急激な上り坂がある道程で、最後の下り坂であと1Kmの表示。

ガス欠だけは恥ずかしいので、エアコンを切り、エンジンブレーキ音を気にしながら、ガソリンスタンドに滑り込みました。

ギリギリセーフでしたが、あの数値はどこまで正しいのでしょうか?

熱帯魚水槽維持混迷 基本に戻ります。

Simg_0765

2階事務所の玄関先に水槽を置いていました。

水交換にはバケツか50mのホースを駆使するしかありませんでした。

当然、水交換は難しく、濾過やバクテリア強化に走るのですが、そうなると底を這うような水草の育成はできません。藻だらけになり全滅します。

年齢を考えると、この水槽を1人で運ぶにはそろそろ限界だと思い、1階へ移動することにしました。

Simg_0766

1階なので給排水は10m以内で完結します。

今まではバケツに水を入れ、カルキ抜き等を入れてかくはんしてから投入していましたが、水質改善の為、藻対策の為、ペットショップに通っているといろいろと疑問がわいてきます。

これだけの水槽の水をどうやって交換しているのだろう?

水質の維持は?

熱帯魚などの生体は売り物だから、餌代は押さえなければ利益が下がるはず。

エサは極限まで減らしているのでは?と思い、かわいがりたいがために与えていた餌をケチることにしました。極端に言えば、餌を半分にすれば、水質汚濁も半分になるのでは?との単純計算。

ある日ショップで水槽に水を入れていました。水圧から水道水では?と思うに至り、我が家の水槽も水道水をホースで直接投入し、水槽内でカルキ抜き等を投与することにしました。

13303137


生体にはストレスがあるかもしれませんが、今のところショック死は無し。

ミナミヌマエビは一時の絶滅の危機から逆に立ち直って、出産ラッシュです。

昨日からCO2の投与も再開。

水替え、餌量、直射日光制限と基本事項は全て抑えたはずです。

結果はいかがなりますでしょうか?

欄間(簡易)



3(L)DKで和室2室は昭和のデフォですが、欄間があるのはこの物件だけでした。

全てふさいでいたつもりでしたが、まだ残っていました。

Sp1000335

ある事によるメリットも、今の時代ではメリットと考えられないと思うので、直ちに塞ぐことに。

Sp1000481

しかも中途半端なサイズ。材料の歩掛が高い。

㎡単価で算出すると泣きを見るパターンです。

Sp1000484

塞いでも和風ですが、良しとしましょう。

浴室鏡交換

Sp1000593

換気が少なかったのか、鏡の淵が既に鏡でなく透明ガラスになっていました。

交換しか選択肢がありませんでした。

Sp1000600

こちらは鱗状痕。

掃除をしないのは知っていたので、予想道理の結果です。

磨くことは労力の無駄でしょう。

今回問題なのはサイズでした。

規格品でないサイズでしたので、指定寸法で切ってもらわなければなりません。

問い合わせしたネット系のガラス屋さん。材料費以上の交換費用が必要と判明。

1枚分の外注費用で2枚分の材料代なので、カットしてもらえるガラス屋さんを探す努力に力を割り振ることにして、無事2枚とも交換。

やはり新品は美しい。

雨なので高圧洗浄

Simg_0771

あまりにも汚いので、コンクリート面を洗ってみました。迷惑がかからないよう雨の日に行いましたので、濡れた路面を洗うのも楽でした。

しかし、黒く汚れた水はなかなか排水されず、押し流すのには苦労しました。

滝のような豪雨時に洗わなければ、水量が足らないのでしょうか。

Simg_0769

雨も上がり、時間が無くなったので、途中で終了。

洗浄前と洗浄後の対比が見れるこの時だけは楽しいです。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »