最近のトラックバック

« 風邪 | トップページ | 日常の忘備録の金色の紙が無くなりました »

流し台点検口がないので

Sp1000500

流し台のシングルレバー水栓の交換には、しばしば流し台をいったん取り外し、水栓交換をしなければならない場合が゜あります。

1回目は外した後の再設置も、何とかごまかせても、再々交換の際、流し台裏の管はもうこれ以上のごまかしがきかない状態になっている時はもう同じ方法では治せません。

今後のことを考えて、リフォーム時には点検口を出来るだけ制作するようにしていますが、鋼製背面パネルに加工するのが一番めんどくさく、周りに鉄粉、臭い、反響音をまき散らします。

Sp1000504

切断にサンダーを使いましたが、ほぼ片手で作業なので安定させるのが難しく、いらいらします。

Sp1000505

もう少し狭い穴でも良いのですが、作業効率を考え広めに切開しました。

鉄粉で体はかゆいですし、手は震えています。

落ち着いたら、蓋を作って閉じることにします。

次も頑張ろうという気力もなくなりました。

« 風邪 | トップページ | 日常の忘備録の金色の紙が無くなりました »

収益物件運営」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

賃貸管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/65269405

この記事へのトラックバック一覧です: 流し台点検口がないので:

« 風邪 | トップページ | 日常の忘備録の金色の紙が無くなりました »