最近のトラックバック

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

積読 認知症・行方不明者1万人の衝撃 失われた人生・家族の苦悩

14827281


積読 認知症・行方不明者1万人の衝撃 失われた人生・家族の苦悩          著 NHK「認知症・行方不明者1万人」取材班

生きたまま行方不明になり、氏名不詳・住所不定のまま保護され続ける高齢者や、行方不明ののち帰らぬ人となる方など、社会として、もありますが、社会に属する一個人として出来ることと、自らの家族が行方不明にならないよう更に考えたいと思います。

センサーやカメラ等の機器も利用していますが、GPS機器ももっと研究してみようと思います。

借入金リスト

決算が申告書として処理されるこの時期、貸借対照表と損益計算書を元に、建設業の報告と、コンサル業の報告の書類に書式を書き改めたり、各所へ報告の為借入金の書評などを作成します。

金融機関へは資金繰り表が重要なのはわかっているのですが、数字が読みやすい借入金の表を重要視してしまい、今回と合わせて年に3,4度作成します。

作っていると、あのフレーズが頭の中をエンドレスで流れます。

Photo

{図解}

35億と言っているはずが、借金5億と聞こえます。

早くこのネタ終わってくれないかな?

積読 週刊SPA! お金が貯まる人の7つの習慣

13326456

積読 週刊SPA! 5/23 どんどんお金が貯まる人の7つの習慣

もう内容がよく理解できないSPA!は買わないでおこうと思っていましたが、コンビニで立ち読みし、買ってしまいました。

記事内容よりも記事と写真とのバランスから、なぜか切り取って残しておきたくなりました。

忙しい→時間がない→細かいことは金銭的に解決として買い物→充実感がない

忙しいを是正するために、ケチになれば余裕が出来るのでは?となぜか思ってしまったので。

さあ、今日のスーパーへの買い物は、どの程度の抑制が働くか?

積読 督促OL 奮闘日記

18223208

積読 督促OL 奮闘日記 ちょっとためになるお金の話 榎本まみ 著

滞納された方のパターンは、賃料滞納の時と似ている気がします。

滞納時の金利の取り扱いが違うので、対応方法も違うのですが。

リボ払いの件が取り上げられていました。ふつうは金利計算をしないものなのでしょうか?

不認識の方が特に雪だるま式に債務が増えやすいようです。

私の場合は、事業借入金の返済計画に元金と金利をエクセルで数年先まで入力し、趣味レーションしているので、金利は凝視しています。

所詮、道具でしかないはずのお金に振り回されるという人生、早く卒業したいです。

積読 応用自在! 覚書・合意書作成のテクニック

14968318

積読 応用自在! 覚書・合意書作成のテクニック みらい総合法律事務所

特に目新しい事はありませんでしたが、復習の意味で、利用してみました。

言葉の言い回し等、私の作る文書は古臭いので、これで少し若返れるかもしれません。

ちなみに本書は、覚書をこれから作ってみよう!という人向けな印象でした。

日常の忘備録の金色の紙が無くなりました

S

結構いろいろなことを覚えられていたはずなのですが、頭部への衝撃以来記憶が怪しくなり、念のために書きなぐる記録メモ用紙を持ち歩くようにしています。

途中から、目立つようにと表紙は金色の紙を貼るようになりました。

今日から41冊目になるのですが、次の時に貼る、金色の用紙が無いため、次からどうしようかと思案中。

流し台点検口がないので

Sp1000500

流し台のシングルレバー水栓の交換には、しばしば流し台をいったん取り外し、水栓交換をしなければならない場合が゜あります。

1回目は外した後の再設置も、何とかごまかせても、再々交換の際、流し台裏の管はもうこれ以上のごまかしがきかない状態になっている時はもう同じ方法では治せません。

今後のことを考えて、リフォーム時には点検口を出来るだけ制作するようにしていますが、鋼製背面パネルに加工するのが一番めんどくさく、周りに鉄粉、臭い、反響音をまき散らします。

Sp1000504

切断にサンダーを使いましたが、ほぼ片手で作業なので安定させるのが難しく、いらいらします。

Sp1000505

もう少し狭い穴でも良いのですが、作業効率を考え広めに切開しました。

鉄粉で体はかゆいですし、手は震えています。

落ち着いたら、蓋を作って閉じることにします。

次も頑張ろうという気力もなくなりました。

風邪

また風邪をひいてしまいました。

333_3

抵抗力が落ちているようです。

とりあえず、薬局の人に言われるままに薬買いました。

判断力が無いので、滋養強壮剤も。

早く痩せなきゃいけないのに・・・。

111

薬の飲み忘れが無いように、約1か月の薬を小分けに入れる準備が高齢者には必要です。

しかし、曜日、日にちの記憶を保持できない場合、まとめて2日分飲んでしまったり、まったく飲まなかったり、自分ではコントロールできないので、1日や、1回分と小分けにし負ければなりません。

ちなみに、高次機能障害で時間の間隔が認識できにくいため、小分けに分けて、朝用、昼用、夜用と区別しやすい様、入れ物の形を変えている例です。

形の認識が出来なくなったら、この方法は使えません。

当初は色分けもしましたが、色を言語で処理するため、区別がつかなくなり、形にして習慣づけして、朝、昼分を手渡すことで現在クリアできているのでこの形状です。

自分で出来る判断は自分でしないと、能力を失っていく気がするので、ギリギリ出来るラインで、能力が落ちるたびにワンランクサポート方法を上げています。

知恵だけはお金がかからないので、都度、ひねり出して、対応するしかありません。

JKからのお礼

S3

 名も知らぬ柏木由紀(AKB48)似の女の子からもらいました。

 JKからもろたどー!と言っても、誰も皆「ああ、傘あげた子からね(低音)」と、つれない反応。誰一人、浪漫チックな想像をしてくれる人はいませんでした。

 柄が曲がっていたビニール傘なので、「鶴の恩返し」系ではなく、「わらしべ長者」扱いのようです。

12206687


積読 老後破産 

17154875

積読 老後破産 長寿という悪夢 NHKスペシャル取材班

自分の親たちのこと、自分自身のことなど考えてしまいます。仕事柄、高齢者のお住まいで、生活設計についてお話しする機会もあることから、重い課題であると思います。

安心した老後でない恐怖は、高齢者の財布のひもを固くするというのもわかります。もちろん緩くても問題だとは思いますが。

ただ、書籍に関しては、取材班の「取材」の現場情報の記述に徹しているといえば、仕方がないのかもしれませんが、貧困の暗い老後を煽って、憲法25条(すべて国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する)を掲げるだけで、提案や具体的な提言は無いように思い残念です。

私自身、世界を変える力があるわけでもないので、近場の方々のお役に立てればと思うばかりですが、福祉社会について学んだ際に痛感しましたが、決して努力しても報われる事はほぼ無いので、達成感はもちろんありません。

7024453

 とりあえずは、自分の老後が尊厳を失わない為に、今やるべきことを、成すことと、整理整頓だけは始めようと思います。

紫外線?

S2

 水槽の中が、どうやっても藻だらけになるので、遮光してみることにしました。生まれたてのミナミヌマエビを鑑賞できないのは寂しいですが、底面が水草ではなく、藻で緑色になるのは避けたいので。

S1_2

中の様子は、側面の小窓から確認。覗き穴から見る観賞用水槽は侘しいです。

が、水草(ランナー)が少しずつ地面を這うように伸びだしました。

もし、水草が育成したとしたら、日光が原因という事になります。

水槽に外からは見える、遮光フイルムがあればいいのですが。

カラス対策 5万円コース

その⑤ 予算5万円以下

Sp1000489

市貸与の組み立て型分別BOXと燃えるゴミ用ゴミ箱を利用してきましたが、破損を機に新しくしました。鋼製ゴミ箱2台。

1台は可燃用ゴミ

もう一台は、

Sp1000490


その他分別ごみ。

市によって分け方、出し方が違うのでよそでは出来ないパターンではありますが、缶など袋に入れずそのまま出さなければならないので、鋼製ゴミ箱内に、室内用プラスチック製ゴミ箱の底に水抜き穴をあけたものを、分別の数だけ鋼製ゴミ箱の中に入れました。

駅前なので、人通りも多く、敷地内にゴミが落ちていることもありますが、目立つゴミ箱(但し、入居者用)が鎮座していると、若干投げ捨ては減ったように思います。

これだけ大きな字で書いて、鋼製ゴミ箱蓋には分別方法貼り付けているのに、瓶と缶の区別がつかない人もいるようですが。

因みに鋼製ゴミ箱2台、ブラゴミ箱4個で5万円コースです。

説明模型

Sp1000472


出窓の雨漏り原因と改修方法の打ち合わせで慌てて作りました。大雑把な性格ゆえ、縮尺等適当です。

高所で手の届かないところの説明なので、言葉や絵よりはましだと思います。

もっとも、絵も壊滅的にセンスがないので、余計に。

学生時代(恐らく中学?)に、室町時代の農業器具の説明用想像模型を作って以来ではないでしょうか。

建築はもはやCAD全盛の為、3Dで印刷して説明することが多く、こんなことするのももうないと思います。

変更は直ちに

大型連休半ばにして、ようやくブログなど書ける余裕が少しだけ出てきました。

さて・・・

Ss2017010710430001

介護者が自立して生活できるよう、いろいろな仕掛けの部屋に、いろいろな可動域を持った家具を配置し、工夫していますが、老化が進むとそれも出来ないとの限界が訪れます。

電気ポットが原因で全治3か月ぐらいの火傷になりました。

そのまま利用することも出来るのでしょうが、必ず同じ失敗をする時が来るので、直ちに使い方を変更しました。

Ss2017010710430000

ポットは流しの上へ、位置も安全を考え配置・・・、次の日には邪魔だからと位置が変わっていました。(写真)また、同じ過ちを繰り返すパターンで使おうとしています。今度はポットを両面テープで貼り付けるしかありません。

即実行、即変更!

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »