最近のトラックバック

« 私の投票で、結果が変わるという妄想 | トップページ | 祝い花 »

積読 週刊エコノミスト 世界史を動かす聖書と金利

1708488

積読 週刊エコノミスト 2015/6/2 世界史を動かす聖書と金利

売買契約書や賃貸借契約書の条文を考え、契約条項を作成するのですが、「契約」という考え方は、日本人には難しいと痛感します。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教等の神との約束=契約は絶対的な物という考え方より、八百万の神々がいて、和こそ最優先と考えるので、契約していても悪気なくなあなあにしようとする方が多く、契約というより、話をして落としどころを探るという解決方法を取らざるを得ない事が多いのです。

もちろん宗教とて不変ではなく、時代により考え方は変わっているので、絶対という言葉は適さないかもしれませんが、でも、「契約」に対するスタンスははるかに違います。

ゆえに、日本人で海外と取引をする方々は凄いと尊敬します。

私はせいぜい国内で、通訳を同伴と約束したのに、約束を反故にし、意思の疎通ができない外国人に大阪弁でまくしたて、勢いだけ伝える事しかできませんので。

« 私の投票で、結果が変わるという妄想 | トップページ | 祝い花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/63863444

この記事へのトラックバック一覧です: 積読 週刊エコノミスト 世界史を動かす聖書と金利:

« 私の投票で、結果が変わるという妄想 | トップページ | 祝い花 »