最近のトラックバック

« エレベーターに閉じ込められました。(ショールーム体験) | トップページ | 積読 週刊ダイヤモンド 選挙の経済学 ② »

積読 週刊ダイヤモンド 選挙の経済学 ①

積読 週刊ダイヤモンド 2014/12/13 選挙の経済学

Dx13419

記事中、一番読みたかったのは解散の真の狙いについて。ニュース番組(アンカー)で青山繁晴さんがお話しされていた財務省との消費税をめぐる安倍政権との抗争と同種の内容。

解散の理由の真偽を直接確認できないまでも、一番得心がいく内容ではありました。


Dx13411
政治の腐敗と、政治家の腐が区別されずに報道されていることも気になりますが、街角インタビューが奇をてらっていたとしても、選挙権についての認識があいまいな国民性も気になります。

私も学校で習って覚えているのは、自由民権運動ぐらいでしょうか。

香港のデモや、兵庫県議会議員の架空請求等、沢山の事件があったので、有権者とは?と考えてしまいます。

ドラマ「チェンジ」の最終回のセリフでもありましたが、小学校で習っている内容です。

教科書問題ではこのあたりも重要視して欲しいなと思います。

« エレベーターに閉じ込められました。(ショールーム体験) | トップページ | 積読 週刊ダイヤモンド 選挙の経済学 ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/60842809

この記事へのトラックバック一覧です: 積読 週刊ダイヤモンド 選挙の経済学 ①:

« エレベーターに閉じ込められました。(ショールーム体験) | トップページ | 積読 週刊ダイヤモンド 選挙の経済学 ② »