最近のトラックバック

« 暖かい日差し、湧き出るものは・・・。 | トップページ | 今月も早々に用意できました。 ニュースレター »

積読 Newsweek日本版 2012/10/31 脱原発のコスト

積読 Newsweek日本版 2012/10/31 脱原発のコスト

Dx13504

2012年の記事ですが、この問題については本当に進展していないと痛感します。

特に代替エネルギーを太陽光などのいわゆる再生可能エネルギーに固執している時点で、進展は望めません。

太陽光のエネルギー転換率が、劇的に向上するはずもなく、根拠の無い理想に固執していては新しい道も選べないのではないかと思うのです。

原子核融合反応を利用したエネルギーよりは現実的だとは思いますが、いずれにしても物質のエネルギー転換が簡単にできないかと考えるのは、中世の錬金術や永久機関を信じているのと変わらないような気がします。

発電側のベストミックスと同じように、消費側の省エネ、高効率、やせ我慢等のベストミックスをもっと追究するほうが当面は効果があるのでは?

« 暖かい日差し、湧き出るものは・・・。 | トップページ | 今月も早々に用意できました。 ニュースレター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/59664247

この記事へのトラックバック一覧です: 積読 Newsweek日本版 2012/10/31 脱原発のコスト:

« 暖かい日差し、湧き出るものは・・・。 | トップページ | 今月も早々に用意できました。 ニュースレター »