最近のトラックバック

« 来年分ニュースレター準備できました | トップページ | 積読 ペコロスの母に会いに行く »

積読 週刊ダイヤモンド 2013/12/14 親と子の介護

積読 週刊ダイヤモンド 2013/12/14 親と子の介護

Dx17828

 書いてあることは、この数年間であらかた勉強したことでした。しかし、このようになるまいとあがいた数年間でもありました。

 幸いにも良い結果とはなっていますので、精神的な負担は少ないので、まだ、余裕があるのかもしれません。

 それにしても介護とは大変な事だと、改めて思います。

 ①被介護者と介護者の人間関係

 ②ケアマネとの人間関係

 ③ヘルパーとの人間関係

 ④デイサービス施設での人間関係

 ⑤介護親族間の人間関係

 ⑥介護家族間の人間関係

 ⑦医師との人間関係

 ⑧被介護者の近隣・友人との人間関係

 ⑨金銭問題

 ⑩介護者の時間確保

 ①→いかに意思の疎通をはかるか。介護に至るまでに意思の疎通がなければ、要介護になってからでは、とても間に合いません。親族ゆえの思い入れと、割り切りも必要です。虐待者の4割は息子という数値も分かる気がします。仕事でのクオリティーを、被介護者に求めてもいけないのですが、往々にして、求め、また、自分の時間の非生産性に落ち込んでしまうのです。

 ⑤→遠くから来た親戚が、終末医療に口だけ出す・・・に似ている気がします。主介護親族と従介護親族での互いの理解と、立場の違いをプラスに生かせられるか、すれ違いとなるかでは、大きく結果が異なります。

 主介護者が、納得いくように介護方法を選択し、従介護者は容認する。たとえば、転倒リスクをどこまで容認するか?診察のタイミングの判断。入浴回数や外出等。

 主介護者は毎日観察している故に気づく点を、従介護者にフィートバックし、従介護者は、長期間のスパンでの気づく点を、主介護者に活用してもらう。

 ⑨⑩→考えないでおこう・・・。そういえば、スーパーでの1回当たりの支出が増えましたね。

Dx17816

« 来年分ニュースレター準備できました | トップページ | 積読 ペコロスの母に会いに行く »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 ずっと、現役でいたいです。そして眠るように死にたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/58743413

この記事へのトラックバック一覧です: 積読 週刊ダイヤモンド 2013/12/14 親と子の介護:

« 来年分ニュースレター準備できました | トップページ | 積読 ペコロスの母に会いに行く »