最近のトラックバック

« マッサージチェアが、来たぁーーー! | トップページ | 今年1本目の自家製きゅうり »

積読 週刊東洋経済 マンション時限爆弾

そうそう、マンションを好む人が多いのでこの事に対し不安が無いのか、疑問なのです。

Dx28888

積読 週刊東洋経済 2013/6/8 マンション時限爆弾 老朽化にどう対応する

 時限爆弾というといかにも爆発する時が来るように書かれていますが、毎日着実に建物は劣化しています。問題だ!と気付いた時が、爆発したときなのかもしれませんが。

 ワンオーナーのマンションや、戸建と違い、分譲は条件の異なる人々の集合体です。当然、修繕や立て直しに関しては、考え方もタイミングも異なるでしょう。それを統率して財産を維持するのは大変な事だと思います。

 アベノミクスでの好景気に沸き、価格の高いマンションも売れ行き好調なようですが、資産家ならいざ知らず、一生の買い物とするにはリスクが高い様に思います。

Dx28869

一戸建てなら、ちょっとした補修ははしごを使って自分でも出来そうな気がしますが、タワーマンションはそう簡単にはいかないでしょう。

確かに都心で駅前はマンションという選択肢になりますが、それであればリスクを十分見込んで天秤にかけなければ。

なにせ築10年超えのマンションの賃貸・売買は集客が大変です。少子化が進んでいるのですから、古い不動産から余っていきます。

 空室のマンションの賃料は、家主が負担しているのも同じです。この負担がこれから増えるのです。

 私は人に貸せる程の不動産を持っている! と言えるならかっこいいような気もしますが、早い話が空室です。

« マッサージチェアが、来たぁーーー! | トップページ | 今年1本目の自家製きゅうり »

収益物件運営」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

空室対策」カテゴリの記事

賃貸管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/57562849

この記事へのトラックバック一覧です: 積読 週刊東洋経済 マンション時限爆弾:

« マッサージチェアが、来たぁーーー! | トップページ | 今年1本目の自家製きゅうり »