最近のトラックバック

« 再びコールだけの電話が 81784562000 | トップページ | »

積読 週刊エコノミスト 資産インフレでどうなる不動産と相続

Dx09585

積読 週刊エコノミスト 2013/5/14

資産インフレでどうなる不動産と相続

どうする?って心配できる人は、一部なのでは?

もちろん不動産を所有している人。その次に資産価値が上がる人。

どう考えても、以前のバブル期の様に値上がりは望めません。間違いなく上がるのは固定資産税だけ。値上がりしないどころか、事実上価値の無い、または下がる人の方が多いはず。

人が、世帯が少なくなり、世の中が小さくしぼみつつあるのだから、土地に希少価値が無くなっていきます。うさぎ小屋と言われていた時が懐かしくなるのでは?

ちなみにマンション購入者も将来極端に価値が下がるはず。こんなにもブームになっているのが今一つ分かりません。

そして過疎化した町があったとしても、水道・ガス・電気のインフラは必要。利用者が減るのだからインフラ維持費の1戸当たりの負担額も上がるでしょう。

社会保証制度の維持と同じで、日本の経済の担保である土地の価値を維持する為に、人口増加は不可欠という事ですね。

« 再びコールだけの電話が 81784562000 | トップページ | »

収益物件運営」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経営者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/57556105

この記事へのトラックバック一覧です: 積読 週刊エコノミスト 資産インフレでどうなる不動産と相続:

« 再びコールだけの電話が 81784562000 | トップページ | »