最近のトラックバック

« 積読 週刊エコノミスト 2013/3/5 リフレの正体 | トップページ | 積読 週刊エコノミスト 2013/1/15 インフレを学ぶ »

減感作療法でもここので症状が出るとは!?

Dx18025 スギ花粉の恐怖

 減感作療法のおかげで、大分症状がマシになっていたので気を抜いていましたが、今年はきつい!近畿花粉量は少ないと聞いていましたが、声まで出亡くなる時があります。

 とりあえず応急処置で薬局へ行き、抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬第二世代)を購入。なんとか緩和に成功。さすがに医薬品の進歩はすごいと実感。もっとも医療用医薬品から大衆薬へ転用された第一類医薬品だということも大きいのかもしれません。

 一番ありがたいのが、眠くならない事です。今までは気を失うように眠気が襲い、車の運転をする日は飲めなかったのですから、有り難い事この上ない。

Dx18029

 マスクは以前のウイルス騒ぎの時の在庫がありますから、マスクは箱で持ち歩いています。

 関東はとてつもなく花粉量が多いとの事。私は大阪にへばりついて離れません。

« 積読 週刊エコノミスト 2013/3/5 リフレの正体 | トップページ | 積読 週刊エコノミスト 2013/1/15 インフレを学ぶ »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 減感作療法でもここので症状が出るとは!?:

« 積読 週刊エコノミスト 2013/3/5 リフレの正体 | トップページ | 積読 週刊エコノミスト 2013/1/15 インフレを学ぶ »