最近のトラックバック

« 最先端医療 期待は高まるも不安はいっぱい・・・積読 週刊ダイヤモンド 2013/1/12 | トップページ | 積読 年収1億円志向 »

積読 週刊ダイヤモンド カネをかけずに納得の寺・墓・葬儀

Dx05735

積読 週刊ダイヤモンド 2013/1/19 カネをかけずに納得の寺・墓・葬儀

昨今、病院や施設のみならず、葬儀などに関わる機会が多く、色々と対策を取るようにしました。

葬儀は大手の積立金を全て消化し、使い切り、実費見積もりのところへ登録のみしました。そのご、ひっきりなしに互助会積立の営業の電話がかかりますが、心のこもらない対応に、縁を切ってよかったと思うに至りました。

墓地はいくつも見て回りました。たいていが墓石店などの窓口で、現地には細い山道などを上って行ったり、本来車両通行禁止のところを通れると偽られたりと散々でした。実際に墓参りをすることを考えると、立地等が大切だと痛感します。墓参りが年1回が月1回になりました。交通費等を考えると、価格差は無いもと出来ました。

寺・・・、親族内で宗教が混在しています。しかも、それほど宗教に縛られてもいません。檀家でもありませんので、自由気ままですが、今後の葬儀や埋葬方法は宗教ごとにどうするか、それぞれ生きているうちに相談しておかなければなりません。

いずれにしても、予め用意し、勉強しておくことが、費用を極端に抑える事に繋がる事は明らかです。大手葬儀会社のしきたりに縛られ、行った葬儀は、内容も失笑に絶えないものでした。ある意味、亡き者と遺族が馬鹿にされている気もします。お金だけが理由では無く、心の儀式として後悔の無いよう準備したいと思います。

« 最先端医療 期待は高まるも不安はいっぱい・・・積読 週刊ダイヤモンド 2013/1/12 | トップページ | 積読 年収1億円志向 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積読 週刊ダイヤモンド カネをかけずに納得の寺・墓・葬儀:

« 最先端医療 期待は高まるも不安はいっぱい・・・積読 週刊ダイヤモンド 2013/1/12 | トップページ | 積読 年収1億円志向 »