最近のトラックバック

« 積読 テレビに出よう! | トップページ | 魔法をつかえ! »

賃貸不動産内でのユニバーサルデザイン

Dx17741

 今までいろいろな場面において、利便性やデザイン等の改善だけでなく、高齢者等の生活にやさしいものをとも考えてきましたが、新築であれ改築であれ、なかなか思うようには行きません。

 現在、ユニバーサルデザインを無視し、バリアフリーを追及している建設現場があります。特定の個人を対象としたものです。この場合ことごとくユニバーサルデザインの逆を行きます。

 誰でも便利にと、特定の個人が便利に、は基準が全く違うだけでなく、個人の場合は安全であればあえてバリアを作り(残し)不便さによる体の機能を維持する為の動作を誘発させます。

 賃貸マンションでは高齢者円滑入居(高齢者の入居を拒まないマンション)に登録されている物件で、特にユニバーサルデザインやバリアフリーについてこだわっているという事を前提としていません。ならば、こだわってみようと考えたこともあったのですが、前記のように迷路に迷い込み、登録自体からも撤退しました。

 Dx17811

 単語の定義も追求すればきりがありません。安全や心を形にするには、まだまだ長い道のりです。

« 積読 テレビに出よう! | トップページ | 魔法をつかえ! »

リフォーム」カテゴリの記事

収益物件運営」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営者」カテゴリの記事

賃貸管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/55632544

この記事へのトラックバック一覧です: 賃貸不動産内でのユニバーサルデザイン:

« 積読 テレビに出よう! | トップページ | 魔法をつかえ! »