最近のトラックバック

« 今年の夏のバカンス候補地 | トップページ | 握力の低下 老化の兆し? »

積読

脳卒中・あなたならどうする―完全復帰した医師の記録  鈴木 信 著 読了

 体験談なのであろうとたかをくくって読み始めましたが、とても細かく病人となった本人の感覚や状況と、医師としての所見による説明や分析がよく理解できます。特に数字で苦しむという部分は体験があるだけにその通りと相槌を打ってしまいます。

 実際には病人がもともと持っているポテンシャルや年齢、環境などに左右され、誰もが著者の様に回復出来るものでは無いのでしょうが、手本としてはそれゆえに有益な内容でした。

 体感したことのある人でない限りなかなか理解できない世界ですが、この本ではより近づく事が出来るのではないでしょうか。

« 今年の夏のバカンス候補地 | トップページ | 握力の低下 老化の兆し? »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積読:

« 今年の夏のバカンス候補地 | トップページ | 握力の低下 老化の兆し? »