最近のトラックバック

« アイホンの集合住宅用インターホンの修理が出来なくなってしまう | トップページ | こんな男は捨てられる  »

計画停電

 いよいよ関西でも計画停電が行われるかもしれません。

 身近なところで、事務所内ではビジネスホン主装置電源とデータを閲覧するためのパソコンの電源確保は必須です。出来ればプリンターやファクシミリ器など。

 人間は扇風機が使えればラッキーでしょうか。

 最悪の場合は、電話は携帯電話に転送して、パソコンはノートパソコンのバッテリーで、とも考えもしますが、ノートパソコンのバッテリーの買い替えや買い増しを考えるのであれば、汎用バッテリーで100V電源を確保した方がよさそうです。

 さて、検討しなければならないのは、集合住宅です。

 店舗シャッターは各テナントの自己責任で開閉を管理してもらわなければなりませんが、駐車場など共用部のシャッターは、完全開放し、電源を予め切断しておかなければなりません。機械式駐車場は一定の状態で固定し電源を切断できれば安心です。

 エントランスのオートロックは緊急時の停電に備えて常時開の設定に、自動ドアは残念ながらフルオープン。地下ピットの排水ポンプだけは発電機等を検討しなければ雨水が流入する設計の場合、機械が水没することになります。こればっかりは200Vの発電機を予め用意していなければ、我慢だけで乗り越えることは出来ません。

 水道の直圧化は、可能な限り行いました。現在ポンプで給水しているマンションは、直圧が難しい事により断念したものなので、今年の夏に向けて間に合う対策はありません。

 その他、色々と頭の中で考えてみようと思います。

 

« アイホンの集合住宅用インターホンの修理が出来なくなってしまう | トップページ | こんな男は捨てられる  »

ニュース」カテゴリの記事

事務所で・・・」カテゴリの記事

収益物件運営」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

空室対策」カテゴリの記事

経営者」カテゴリの記事

賃貸管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/54715429

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電:

« アイホンの集合住宅用インターホンの修理が出来なくなってしまう | トップページ | こんな男は捨てられる  »