最近のトラックバック

« 建物設備は満身創痍 | トップページ | どうしても自分を主張したいのですね »

蝶番を交換してはみたものの

Sp1030671

鉄扉の締りが悪い。そこでドアクローザーを交換してみましたが、勢いよく閉まるか、閉まらないかの2択です。

Sp1030672

蝶番が曲がったせいだとレクチャーされ、蝶番起こしで調整しようかと思いましたが、加減が難しそうなので、蝶番を新しいものに替えました。

Sp1030673

新品なので、これでだめなら、蝶番のせいではないことになります。

Sp1030674

蝶番は真っ直ぐなものとなりましたが、開閉動作に変化はなく、残念な結果となりました。ドアアームの開閉速度を調整し、最低限支障のない状況にはしましたが、今後は違う方法を模索しなければなりません。

« 建物設備は満身創痍 | トップページ | どうしても自分を主張したいのですね »

リフォーム」カテゴリの記事

収益物件運営」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

空室対策」カテゴリの記事

賃貸管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/52817251

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶番を交換してはみたものの:

« 建物設備は満身創痍 | トップページ | どうしても自分を主張したいのですね »