最近のトラックバック

« 前回の卯年は1999年 ノストラダムスの大予言 来年はマヤ歴 | トップページ | ラビ・バトラ 資本主義崩壊から 「P・R・サーカー博士の社会周期論」 まだ悩んでいます »

ラビ・バトラ 資本主義崩壊から 「P・R・サーカー博士の社会周期論」

 人に説明出来るほど理解をしていなかった為、今まで読んできたラビ・バトラ教授(米)関連の書籍を読み返しています。

 しかし、甘かったことを認識しました。イメージとしては分かるのですが頭の中ではこの程度しか理解出来ていないことが書き出してみて分かりました。

1 確か約300年で支配階層が推移することだったと思います。ちなみに現在の日本は守銭奴の時代。この守銭奴と一言で表現してしまうと誤解を招くので、複文を作りたいのですが、これがなかなか難しい。

 しばらく悪戦苦闘が続きそうです。

« 前回の卯年は1999年 ノストラダムスの大予言 来年はマヤ歴 | トップページ | ラビ・バトラ 資本主義崩壊から 「P・R・サーカー博士の社会周期論」 まだ悩んでいます »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 前回の卯年は1999年 ノストラダムスの大予言 来年はマヤ歴 | トップページ | ラビ・バトラ 資本主義崩壊から 「P・R・サーカー博士の社会周期論」 まだ悩んでいます »