最近のトラックバック

« 明け渡し訴訟A その16 | トップページ | 不審な電話 »

いわゆる滌除の本

 滌除、今は法律が改正され、抵当権消滅請求に変わりましたが、この入門編利為のミニコント・・・いえ、ドラマ仕立てによる説明でした。

 抵当権は不動産とは密接に関わっていますから、どうしても気になり、目に付くと購入し読んでしまいます。私が知っている金融機関との生々しい交渉の現場の写述はありませんので、あくまでも入門編。交渉は人の良い「甲さん」がチョチョイと片付けてくれたのですから。

« 明け渡し訴訟A その16 | トップページ | 不審な電話 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経営者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いわゆる滌除の本:

« 明け渡し訴訟A その16 | トップページ | 不審な電話 »