最近のトラックバック

« 減量の進行状況 | トップページ | 明け渡し訴訟A その16 »

明け渡し訴訟A その15

 裁判に要した金額を確認してみました。

Dx13377

 訴訟の為に支払ったものは、

1.裁判手数料 訴訟額(不動産の価格・計算式により算出) 40万を超え50万までなら5,000円、90万を超え100万までなら10,000円 物件によって違います。

2.訴訟手続きに必要な通信費 切手を提出します。500円・200円・100円・80円・50円・20円・10円の切手をそれぞれ5枚ずつです。合計4,800円分です。

不動産価値が50万円の場合、9,800円必要だったことになります。

 そして、切手は使用しなかったものを判決後に返還してくれます。ちなみに今回使用した切手は1,490円でした。

 この場合、6,290円必要だったことになります。

 実際には不動産価値を証する為、固定資産税の評価証明書等を取得しなければならないため、これら取得費を加算しますとやはり総合計10,000円かかったことになります。

 このあとの執行は、当然別の手続きですので、費用は別途必要になります。

« 減量の進行状況 | トップページ | 明け渡し訴訟A その16 »

収益物件運営」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

賃貸管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/49389799

この記事へのトラックバック一覧です: 明け渡し訴訟A その15:

« 減量の進行状況 | トップページ | 明け渡し訴訟A その16 »