最近のトラックバック

« ビーズアート展2010 大阪南港ATC 入場料無料 | トップページ | 明け渡し訴訟A その5 »

明け渡し訴訟A その4

裁判所からの調査以前に、梅雨のため開け放たれた窓から雨が入ってしまいます。

マーキングも変化無く、窓は相変わらず全開です。

仕方なく、ビデオカメラを回しながら室内に入り、建物の保全を計ろうとしました。

一応、チャイムを鳴らしノック。・・・反応なし。ドアノブに手をかけると違和感が・・・。鍵がかかっていません。玄関ドアに鍵が二つついていますが、どちらも開けたままです。住んでいる気配もありません。

Dx35561

とりあえず、窓だけ閉め、ドアの鍵を閉め撤収します。

以上を裁判所に書面で報告。すると、裁判所からは、現在の貸室だけでなく、来日してすぐの住所地も現地調査するよう指示がありました。

もう一度調査です。

« ビーズアート展2010 大阪南港ATC 入場料無料 | トップページ | 明け渡し訴訟A その5 »

収益物件運営」カテゴリの記事

賃貸管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/48853603

この記事へのトラックバック一覧です: 明け渡し訴訟A その4:

« ビーズアート展2010 大阪南港ATC 入場料無料 | トップページ | 明け渡し訴訟A その5 »