最近のトラックバック

« 小さい「塗り」案件 | トップページ | 明け渡し訴訟A その2 »

明け渡し訴訟A その1

賃料が振り込まれなくなって、現地に確認に行きました。

もともと居留守を使うので、一度も会ったことがありません。

もちろん、電話でも。rain

外国人で勉強のために来日。

来日後4カ月目での入居でした。

国籍はC国。

差別はいけないと思う気持ちと、空き部屋は減らしたいfullとの誘惑の結果、契約を締結しました。

Dx10859_2

過去、この物件では高い確率でC国の入居者が、訴訟になる直前まで滞納しながら住み続け、いよいよの頃に夜逃げをします。horse

今回も?と、夜逃げ前に決着をつけるべく早めに明け渡し訴訟を起こしました。滞納よりも、明け渡しの無い退去は、いつ解約と処理するのかが手間だから、滞納賃料の回収よりも、正式な明け渡しを受ける目的のためです。

でも見通しが甘かったことを反省することとなります。shock

« 小さい「塗り」案件 | トップページ | 明け渡し訴訟A その2 »

収益物件運営」カテゴリの記事

賃貸管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/48829752

この記事へのトラックバック一覧です: 明け渡し訴訟A その1:

« 小さい「塗り」案件 | トップページ | 明け渡し訴訟A その2 »