最近のトラックバック

« フィラデルフィア事件 | トップページ | 思い出そう、自分の中でどん底になった日々を »

借金とウツ

Dx18238  社会的再適応評価尺度(ワシントン大学でホームズらが1967年に発表したSRRS)では1万ドル(約百万円)以下の借金の場合、17点、同以上は31点、3万ドル以上は61点・・・、将来心身の病気になりやすい危険の予測値です。200点を超えると危ないそうです。

 事業で億単位の借金、又は連帯保証をしている場合の点数はどうなのでしょう。二次関数で数値が推移すると仮定すると、1億円で1600点になります。同程度の事業に対する責任感があるとして倍数にしますと3200点。精神的に麻痺していても十分に病気にない様な気がします。

 しかし、人間の精神はバランス感覚と、リミッターによる安全装置があるようで、そう簡単につぶれはしないようです。

 学生時代は、借金以外の点数で300点を軽く超えていましたが、無事社会人になり、未だ何とか精神の均衡を保っているのは鈍感だからでしょうか。でもさすがに仕事処理効率は疲弊して遅くなってきています。リフレッシュ充電方法を探さなければなりません。

« フィラデルフィア事件 | トップページ | 思い出そう、自分の中でどん底になった日々を »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 借金とウツ:

« フィラデルフィア事件 | トップページ | 思い出そう、自分の中でどん底になった日々を »