最近のトラックバック

« 賃貸借契約書リニューアル | トップページ | 台風一過 台風18号 »

LEDがお得でないのにお得と言われる理由

 LED電球はエコか?

 使用中の消費電力に限って言えば、エコです。確実に消費電力は減ります。しかし、シリカ電球はガラスと金属の少量で構成されているのに対し、LEDは電気回路や光源となる部分の作成などにエネルギーが必要で、電球が作成される工程においてはエコでありません。

 製造され使い切るまでの期間を考えると、宣伝されている程にエコでは無いようです。本体価格と使用電力を大雑把に比べてみますと、毎日12時間40W相当(シリカ電球)の明るさを点灯させて1ヶ月で250円、6時間だと1ヶ月で125円エコとなります。しかし10灯点けるとなると10倍の1ヶ月で2,500円。なかなかの金額です。

 しかし、今は蛍光灯型電球が安価で普及しており、電球型蛍光灯とLED電球とでは極端な違いはありません。同じ様に12時間点灯させたとして1ヶ月で60円、6時間で1ヶ月30円です。

 LEDはエコ!というのは、シリカ電球と比べた場合で、実際には電球型蛍光灯を使用していれば「夢の照明」というほどのものではありません。

 LEDの利点

 LED照明の最大の利点といえば寿命です。高齢化した社会では電球を交換するのさえ危険で過酷な労働となります。少なくとも交換する手間を大幅に省けるのは、大きなメリットです。色も沢山選べますので用途も広がります。電球や蛍光灯では実現できなかった使用方法もアイディア次第で生まれるかもしれません。

 但し、まだまだLED電球は生活の明かりとしては殺伐とした光です。まだまだ、柔らかさは演出出来ません。慌てず、ライフスタイルに合わせた照明の選択が必要ですし、選択肢が増えたことこそがすばらしいと思います。

 エコの為には、不要な電気を消すのが一番です。

« 賃貸借契約書リニューアル | トップページ | 台風一過 台風18号 »

収益物件運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/46324352

この記事へのトラックバック一覧です: LEDがお得でないのにお得と言われる理由:

« 賃貸借契約書リニューアル | トップページ | 台風一過 台風18号 »