最近のトラックバック

« プライベートな | トップページ | 裁判員制度が始まりました »

フローリングの沈む感覚

P7300004_800  最近のフローリング(合板)は、防音の為のクッション(ゴム)が下地になっています。なれないとふわふわするので気持ち悪く感じることもあります。床は固いもの、という固定感があるからでしょうか?

 合板のフローリング材は1枚単位ではそれなりに硬いのですが、どうしても繋ぎ目が比して柔らかく感じてしまうようです。

 今回の場合はドアを開けるために踏み込む位置に繋ぎ目が集中している為沈むといわれてしまいました。感覚の問題で、施工上は問題ないと思うのですが、沈み具合を留め踏み込み感覚を堅くするためにフロアメンダー(床下注入接着剤)を充填しました。

 初夏1日後に確認しましたが、沈む感覚は無くなったものと思います。しかし本来の防音性は低くなってしまったものと危惧します。(下階は駐車場の為、実害は無いと判断)

« プライベートな | トップページ | 裁判員制度が始まりました »

収益物件運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/45800963

この記事へのトラックバック一覧です: フローリングの沈む感覚:

« プライベートな | トップページ | 裁判員制度が始まりました »