最近のトラックバック

« 自分で修理 リフォームチェック時に・・・ | トップページ | 自分で修理 »

自分で修理

P6260002_800  マンションの流し台の天板と本体の間が大きく開いていているのを発見しました。 新築からずっとこのままだったようです。

 商品は既に廃番でメーカー対応もありませんし、水道工事業者に依頼する予算は組んでいない。

 いつものとおりチャレンジしてみます。

Photo 本体の右を前に動かせば、空いている隙間は随分せばまります。しかし配管が接続されているので、簡単に動かせません。ただ、幸いにも給水は動かさない天板に固定されており、本体には排水管だけのため、排水間を中心に左右を振ることにしました。

« 自分で修理 リフォームチェック時に・・・ | トップページ | 自分で修理 »

収益物件運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504068/45496439

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で修理:

« 自分で修理 リフォームチェック時に・・・ | トップページ | 自分で修理 »