最近のトラックバック

積読 PRESIDENT 「スマホ&ネット」すごい活用術

12617554

積読 PRESIDENT 「スマホ&ネット」すごい活用術 2017/7.17 プレジデント社

 加齢によるITの悩みは、新しいものに対する意欲が無くなる事だと思います。新しいアプリや利用の仕方を探そうとしなくなります。

 外でeメールが読めたら、ファクシミリが送受信出来たら、写真を手軽に送り打ち合わせが出来たら、と飢えていた時代が懐かしく感じます。

 使い勝手が悪くても、嬉々として利用したものです。

 もっとも、ビジネスで汎用利用しようとするアプリなどはそう革新が進むわけでもないので、雑誌で取り上げる中で必要なものは既に使用しており、今のところ使用している分には問題が無いようです。

でも、危機感は日々高まります。

10813142

積読 SAPIO 明治維新150年の過ち

19676095

積読 SAPIO 2017/9 小学館

明治維新150年のあやまち

戦国時代の話なら、主人公となる側が正義のように描かれていても、必ずその主人公を敵とする別の主人公の側から描かれたものがありますが、明治維新については、ほとんどが明治政府側視点のものが多く、まだまだ、多方面からの視点とは程遠いような気がします。

現在の改憲議論では、明治政府のもとに作られた憲法の話までさかのぼります。

近代日本のことを考える場合も、ほぼ、明治時代のことから今までの流れを見ることになります。

その起点となった明治維新(の頃)とは本当はどんな時代で、どんなことが行われたのでしょう。

気になって、いろいろな書籍をあさっていますが、今一つピンときません。

副題が気になり、読んでみた雑誌ですが、混迷のままです。

登場人物の相関図を以前見た時は、ただただ、よくまとめれたなとは思いましたが、やはり今一つピンときません。

一番最初に接したドラマが、大河ドラマの獅子の時代だったのですが、架空の人物まで出てくるので混乱する原因でしょうか?

毛虫

電動工具を購入したので、気分良く剪定していましたが、初めて毛虫の被害を体感しました。

17881194

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ 14.4V 充電式チェンソー UC121DZ 本体のみ
価格:20304円(税込、送料別) (2017/9/20時点)

工具が変わると、サクサク作業が進むので調子に乗っていましたが、最後に手でかき集めた時に、恐らく蹴散らした毛虫の毛をかぶってしまったようです。

S5

かゆいのなんのって、手、足、首、胸等至る所に反撃の跡が。

ここまで機械の便利さを追求したなら、最後も直接手ではなく、熊手やホウキを使うべきでした。

18063842


タイル補修 くまもん

S2017091115120000

キッチンの壁タイルが割れてしまいました。

いま、この状態で、キッチンパネルを貼るなど難しいため、取り急ぎ、割れた部分のみ交換することにしました。

下地を出来るだけ加工せず、安く、募集中の為短期間に交換しなければならず、絵入りのタイルを貼ることにしました。

S2017091114240000S2017091115130000

絵入りのタイルは、ボーダー貼りを前提とした横一列に貼り続けるタイルや、高価なタイルばかりです。

安価なタイル(歩掛分も買うので安価な方が良いのです)を探したところ、キャラクター使用料がかからないと噂の「くまもん」が一番安く、種類も豊富でした。絵の無い同色タイルも販売していました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くまモンのタイル「おんせん」
価格:378円(税込、送料別) (2017/9/20時点)


タイルの厚みや色合いも違いますが、これだけはっきりとした絵が描いてあれば、それ自体がイレギュラーなので、素人施工は目立たないのでは?と期待しています。

積読 これならできる 経営幹部のTQC

2473828

積読 これならできる 経営幹部のTQC 著 矢部廣重 の2冊

昨日の「狙ったお客の80%は落とせる」に比べるとやや重い文章ではありますが、この中にも取り上げられている「人間変革のための人物研究」の内容の講義を矢部先生から聞いたのがきっかけで、「上杉鷹山」(ただし、小説 上杉鷹山 著 童門冬二の描く鷹山公のイメージ)を自分なりに深堀することとなりました。

この手法を明確に意識したことは大きな財産だと思います。実際に友人にTQCのことを説明したのですが、私としてはこの方法こそ最良のものと思うのは、演劇を経験したからでしょうか?

鷹山公の師である細井平洲先生は古学、朱子学、陽明学の先生でしたが、実践を重んじる方だったようなので、陽明学の印象が強い方です。

恩師である熊沢次郎先生の教えが根底にあるので、「上杉鷹山」に傾倒したのでしょうか?

積読 狙ったお客の80%は落とせる

12970795

積読 狙ったお客の80%は落とせる 著 矢部廣重

 

友人から「営業の仕方」についての話があり、矢部先生の講義を思い出し説明しました。

説明がどこまで伝わっているかわからないので、講義で受けた内容の載っている書籍を買い求め読みました。

懐かしい!でも、本から受けるイメージと、講義の内容とでは差が大きいですね。

また、私の場合は、「売り上げ増」に繋がった、という成果はありませんでしたが。

なにせ、30%の変革を1%の改善で追いつこうとしていたのですから。

LMPの時もそうでしたが、書き出すという大切さは今でも痛感します。

頭の中で考えている、ワープロで書く、言葉に発する、とは違う深い思考と、無い知恵を絞りだすのには「書く」大切さを今実践しているからこそ生き残れているのだと思います。

13615203

散水栓の蓋

Sp1000324

散水栓の蓋が車に踏まれて割れてしまったので、プラ製の溝蓋を小さく切り、も蓋代わりにしていましたが、耳の部分が割れ続け、用をなさなくなってきました。1年程度の寿命でした。

中が見えてうれしくはないのですが、やはり鋼製のグレーチングを切ってはめ直しました。

今度はどれぐらい持つでしょうか?

住宅用火災警報器

S2017090907410000

電池式10年の住宅用火災警報器が、早いもので10年経過し、交換アラームがマンション各室で一斉に鳴り始めました。

今回は説明書によると電池交換ではなく、全交換とのこと。

1軒ずつ交換。これは結構めんどくさいことになります。

回収した古い警報器を外(ばら)さずに車に入れておいたため、急に交換サインの「ぴーぴー」警報音が鳴り響きました。

忘れてこのまま捨ててしまうと、ホームセンターの盗難アラームのようにあちらこちらでぴーぴー鳴って気持ち悪いことになりそうです。

ようやく峠を越えました

S2017090316040000

公私ともに不動産取引や手続きなどで走り回っていましたが、ようやく普通の忙しさに戻ってきました。

最近の手続きや、連絡はメールやwebが多く、肉体労働も狭所作業が多いため、歩くことが少なくなり、簡単に足がしびれるまでになってしまいました。

そろそろ秋なので、のんびり歩けたらいいなと思います。花粉さえなければ。

とりあえず、車と、机の上は片付きました。問題は事務所内部。何とか頑張って片づけます。

積読 自営業の老後

S20584352

積読 自営業者の老後 上田惣子 著

 漫画です。しかも何も老後の手当てをしていない作者の行動が前提。

 会社として社会保険などはちゃんと対応しなければならないので、とりあえずは無年金ではありませんが、今のところ本書のように行動できる余裕もなく、未だ、自分が無くなったときの対応のみに照準は向いたままです。

 老後、病気は無対応です。

 資金、メンタルはとりあえず横へ置き、体力の回復を目指そうとは思っています。筋力が落ちるとしんどいです。

8582062

«積読 本当は怖い韓国の歴史